ことわざデータバンク

ことわざ(諺)一覧。意味、英語、由来を一覧で探せることわざ検索サイト。慣用句、格言のネット辞典。

江戸紫に京鹿子(えどむらさきにきょうがのこ)


《スポンサードリンク》


■1日1語メルマガで毎日習慣化! ■アマゾン提携オンラインショップ『ことわざ書店』
  • 意 味: 江戸時代に、江戸と京都の染色の特徴を並称したことば。紫は江戸が、鹿の子絞りは京都が一番であるという意味。
  • 読 み: えどむらさきにきょうがのこ
  • 解 説: 「江戸紫」は、江戸で染めた藍色の勝った紫色。「京鹿子」は、京都で染めた鹿の子絞り(鹿の背の白いまだらに似た絞り染め)のこと。
  • 出 典: 
  • 英 語: 
  • 類義語: 江戸紫に京緋色/江戸紫に京紅
  • 対義語: 
《スポンサードリンク》






《スポンサードリンク》