ことわざデータバンク [一覧]

ことわざ(諺) の意味一覧/未年・羊(ひつじ)/慣用句/新年の抱負/座右の銘/かっこいいことわざ
     《スポンサードリンク》
2001年10月31日

猛火燎原より甚だし(もうかりょうげんよりはなはだし)

  • 意 味: 悪い行いはすぐに世間に広まってしまうということのたとえ。
くわしく見る
2001年10月30日

盲亀の浮木(もうきのふぼく)

  • 意 味: 仏の教えに出会うことが困難であることのたとえ。また、滅多にないことのたとえ。
くわしく見る
2001年10月29日

もうはまだなり、まだはもうなり

  • 意 味: 相場などで、もうここが底値・高値かと思うと、さらに上がったり下がったりする。逆に、まだ動くだろうと思うと、すでに底値または高値に達しているということ。予想通りに事が運ばないことのたとえ。
くわしく見る

孟母三遷の教え(もうぼさんせんのおしえ)

  • 意 味: 子供の教育には、環境が大切であるという教え。「孟母の三居」ともいう。
くわしく見る
2001年10月28日

餅は餅屋(もちはもちや)

  • 意 味: 何事も専門家に任せるのが一番であるというたとえ。
くわしく見る
2001年10月27日

勿怪の幸い(もっけのさいわい)

  • 意 味: 思いがけない幸運。
くわしく見る
2001年10月26日

持つべきものは子(もつべきものはこ)

  • 意 味: 子供を持って良かったという気持ちをあらわすことば。
くわしく見る
2001年10月25日

本木に勝る末木なし(もときにまさるうらきなし)

  • 意 味: 何度取り替えてみても、結局は最初のものが最も優れていたと後で気づくことのたとえ。主に、男女や夫婦関係についていう。
くわしく見る

元の鞘へ収まる(もとのさやへおさまる)

  • 意 味: いったん離婚もしくは絶交していた者が、再びもとの関係に戻ること。
くわしく見る
2001年10月24日

元の木阿弥(もとのもくあみ)

  • 意 味: 一度よくなったものが、また前の状態に戻ること。
くわしく見る
2001年10月23日

求めよ さらば与えられん(もとめよ さらばあたえられん)

  • 意 味: あたえられるのを待つのではなく、自ら積極的に求める姿勢が大事であるということ。
くわしく見る
2001年10月22日

元も子も失う(もともこもうしなう)

  • 意 味: 元金も利息も失う。何もかも全てを失う。
くわしく見る
2001年10月21日

物言えば唇寒し秋の風(ものいえばくちびるさむしあきのかぜ)

  • 読 み: ものいえばくちびるさむしあきのかぜ
  • 意 味: 余計なことを言うと、それが原因となって災いを招く。
くわしく見る
2001年10月20日

物には時節(ものにはじせつ)

  • 意 味: 物事にはそれにふさわしい時機があり、その時機を外すと成功しないということ。
くわしく見る

物には程がある(ものにはほどがある)

  • 意 味: 物事にはそれぞれ適度というものがあり、度を越えていきすぎたものは慎んだほうがよいという戒め。
くわしく見る

もののあわれは秋こそまされ(もののあわれはあきこそまされ)

  • 意 味: 秋は、何かにつけしみじみと情感が深まる思いがするということ。
くわしく見る

物は言いよう(ものはいいよう)

  • 意 味: 同じことでも、言い方によって良くも悪くも受け取られる。
くわしく見る
2001年10月19日

物は考えよう(ものはかんがえよう)

  • 意 味: 同じことでも、考え方次第で良くも悪くも受け取ることができる。
くわしく見る
2001年10月18日

物は相談(ものはそうだん)

  • 意 味: 何事も、人に相談してみれば、思わぬ名案が浮かぶこともあるものだ。
くわしく見る
2001年10月17日

物は試し(ものはためし)

  • 意 味: 何事も実際に試してみなければわからないから、とにかくやってみるのがよいということ。
くわしく見る
2001年10月16日

桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)

  • 意 味: 何事も成果がでるまでに相応の年月がかかること。
くわしく見る
2001年10月15日

貰い物は夏も小袖(もらいものはなつもこそで)

  • 意 味: ただでくれるなら、暑い夏には不要な綿入れでももらうということ。強欲のたとえ。
くわしく見る
2001年10月14日

諸刃の剣(もろはのつるぎ)

  • 意 味: 一方では非常に役に立つが、他方では大きな害を与えるというたとえ。
くわしく見る
2001年10月13日

門前市を成す(もんぜんいちをなす)

  • 意 味: その家に出入りする人が多いたとえ。
くわしく見る
2001年10月12日

門前雀羅を張る(もんぜんじゃくらをはる)

  • 意 味: 訪れる人もなくさびれていることのたとえ。
くわしく見る
2001年10月11日

門前の小僧習わぬ経を読む(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ)

  • 意 味: 普段見聞きしていると、知らず知らずのうちにその物事に習熟することのたとえ。環境が人に与える影響は大きいということのたとえ。
くわしく見る

門に入らば笠を脱げ(もんにいらばかさをぬげ)

  • 意 味: 挨拶は機会を逃してはいけないということ。また、住んでいる土地のしきたりや風俗に従うのがよいということ。
くわしく見る
     《スポンサードリンク》


当サイトについてメルマガ免責事項運営者情報プライバシポリシー座右の銘にしたいことわざ NEW

(C) ことわざデータバンク [一覧] All Rights Reserved.