ふしめ【節目】

《スポンサードリンク》
 

数え方(読み方)・単位

一つ(ひとつ)

解説

「仕事の節目」などの意では「つ」で数えます。
⇒ふし(節)

意味

①竹、葦(あし)や木材などの節のあるところ。
*散木奇歌集〔1128頃〕悲歎「岸のうへをさよなと見ればあぢきなく竹のふしめに泣かれぬる哉」
 
②物事の区切り目。
*王城の護衛者〔1965〕〈司馬遼太郎〉「節目(フシメ)々々には凜乎たる演技力をもった男で」

《スポンサードリンク》
 



数え方人気 [TOP50]ビジネス文書数え方
季節用語の数え方名数一覧(1~100)